サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

Suchmosが紹介する80年代の雰囲気のあるバンド。 Vulfpeck(バフペック)とIsaiah Sharkey(アイザイア・シャーキー)

こんにちは。

みなさんはサウンドクリエイターズファイルというNHKのラジオ番組を知っていますか?

 

f:id:yasaitarou:20170927115132j:plain

 

 

どんな番組なのかを簡単に説明すると、音楽をやっている人がそのルーツだったり影響を受けたりしたものを紹介するというものになっています。

そんなサウンドクリエイターズファイルですが、今現在4週にわたりSuchmosが出演しています。

 

60年代から遡り90年代までのおすすめ曲などをサチモスのメンバーが変わりがわりに紹介してくれるという企画で先週は80年代の特集でした。

その中で80年代エッセンスを含んでいる比較的、新しいアーティストとして紹介されていた2つがかっこよすぎたのでそれを紹介しようと思います。

 

ちなみに先週登場したメンバーはボーカルのYONCEとベースのHSUです。

80年代の雰囲気とは

番組内でも紹介されていましたが、アース・ウインド・ファイアクール&ザ・ギャングなど日本のクラブシーンでも流行った曲であったり、聴きやすく多くの人にウケたアーティストが多かった時代が80年代なのではないでしょうか。


yasaitarou.hatenablog.com

 

80年代というのは新しすぎることもなく古すぎもしないいい意味で微妙な年代だと言うのをYONCEとHSUが話していた気がします。

それでは紹介していきます。

 

Vulfpeck(バフペック)

Vulfpeckは2011年に結成したファンクバンドとなっています。

ジャンルとしては一応ファンクという形を取っていますが、ポップ調の曲も多くありました。

メンバーは

  • ジョー・ダート
  • テオ・カッツマン
  • ジャック・ストラットン
  • ウッディ―・ゴス

こちらの4で構成されています。

itunes.apple.comより

 

それでもってラジオ内でYONCEがおすすめしていたのはこちらの曲です。

 

季節的にもピッタリな一曲。

新しすぎず、古すぎもしないそんな雰囲気をよく表している曲なのではないでしょうか。

よく流れているクリスマスソングに飽き飽きしている人にもおすすめです。

itunes.apple.comより

 

あとこちらの曲は個人的にはドハマりしたものです。

インストゥルメンタルの曲ですが、テクニックがすごいというのが素人目線でも分かります。

Isaiah Sharkey(アイザイア・シャーキー)

この人はD'Angeloのギターを務めたことがあるなどギター界隈ではとても有名な人。(らしいです)

またギターの腕前もさながらながら歌唱力も高いというところにも注目です。

itunes.apple.comより

 

ベースのHSUがおすすめしていたということもあり、イントロから目立ちまくるベースラインにも注目です。

JET COAST

itunes.apple.comより

 

このJET COASTSuchmosの中でも80年代のエッセンスが強い一曲になっていると二人が言っていました。

言われてみればそんな感じもします。意識して聴いてみるとおもしろいかもしれません。

さいごに

サチモスのサウンドクリエイターズファイルは来週が最後となっていて、90年代を振り返るという回になりそうです。

放送予定日は12月3日なので、気になった方はぜひ。