サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

「マウンテン・ポップ」って知ってる?? World Maps というバンドの 1stアルバム「CAMP」を聴いてみて。

f:id:yasaitarou:20170909020336p:plain

こんにちは。

 

ジャケ買いという言葉を最近よく耳にしますよね。

なんとなく本の表紙やCDのジャケットに惹かれる事って結構あります。

 

何かジャケットにピンっときたものって内容でも外れが少ないかなっていうのが自分の経験則です。

 

今日もなんとなくApple Musicで音楽を探していたら、ピンっとくるジャケットを見つけてしまいました。

 

Amazon.co.jpより

CAMP

CAMP

 

 

これめちゃくちゃかわいいくないですかね。

 

黄色とオレンジのちょうど中間ぐらいのマスタードカラーを背景に、テントを漁るクマがイラストとして描かれているという、一目見て、「あっこのアルバム聴きたい」って思いました。

 

こんな感じでブログで紹介するぐらいなので、ジャケットのかわいさに負けじと内容もかなりよかったです。

World Mapsの掲げる「マウンテン・ポップ」とは...

今回はWorld Mapsというバンドを紹介していこうかと思います。

 

worldmaps.jp

 

World Mapsは4人組のインストゥルメンタルバンドであります。

彼らの掲げるコンセプトはなんと「マウンテン・ポップ」です。

 

初めて聴いたコンセプトだなと思いつつも曲を聴くと、マウンテン・ポップってこんな感じなのかと妙にしっくりときてしまうのがまたおもしろい。

 

World Mapsが影響を受けている音楽の中で挙げているVulfpeckは個人的に大好きなバンドでもあったので、それに近い音楽として良いなと思ったのかもしれません。

 

VULFPECK /// Tee Time - YouTube

 

この曲とかかなり中毒性あります。

 

Amazon.co.jpより

Mr Finish Line

Mr Finish Line

 

 

そんなWorld Mapsが今回、1stアルバムとして発売したのが、「CAMP」になっています。

 

CAMP

CAMP

  • World Maps
  • ロック
  • ¥1800

 

収録されている曲はどれもアップテンポでノリノリな感じのものばかりなんですが、中でも「your song」「Groovy Doo」という曲がかなーりよかったです。

 

World Maps - your song(Official Music Video) - YouTube

 

MVが大自然を背景に作られているのでそれに引っ張られてしまっているというものあると思うんですけど、確かにこの曲はアウトドアなシーンにピッタリな音楽だなと。

 

焚火とかしながら聴けたら最高なんだろうな~とか勝手に想像してしまいました。

 

「Groovy Doo」はベースの音が目立っていて、Vulfpeckっぽくもあるしその他のブラック・ミュージックを合わせつつもという感じが非常にかっこいい。

 

今回のアルバムで一番のお気に入りになりました。

まとめ

World Mapsはいかがだったでしょうか。

シティポップの次に来るのは「マウンテンポップ」かもしれません。

 

 

気になった方はぜひ、聴いてみてください。

 

参考記事:Suchmosが紹介する80年代の雰囲気のあるバンド。 Vulfpeck(バフペック)とIsaiah Sharkey(アイザイア・シャーキー) - サブカル野菜