サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

YonYon「 period(過程)」など様々なコラボをする向井太一。

f:id:yasaitarou:20170909020336p:plain

こんにちは。

 

"向井太一"というアーティストをみなさんはご存知でしょうか。

 

少し前に"BLUE"というアルバムを発売していて話題になっていました。"日本人らしからぬ声を持つR&Bシンガー"ということで有名な向井太一さんですが、自分が何よりも良いなと思ったのは"幅広いジャンルの音楽"をやっているというところです。

 

そんなことを踏まえつつ"向井太一"コラボ曲を中心に今回は紹介していこうと思います。

ブラックミュージックに影響を受けている

向井太一さんはシンガーソングライターを主として活動している方で、彼のバックボーンには幼い頃から耳にしていたブラックミュージックがあるようです。

 

最近流行っている日本のアーティストを見てみるとどうも昔の音楽にルーツがある人が多いように思えます。そのエッセンスを混ぜつつも日本人らしさを出していく音楽というのが最近のトレンドになってきているのかもしれません。

 

彼もその1人で、ブラックミュージックというバックボーンを元に、色々なジャンルの音楽をやっています。

あっこゴリラ×向井太一

ゲリラ × 向井太一 × okadada - Single

ゲリラ × 向井太一 × okadada - Single

  • あっこゴリラ
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
ゲリラ × 向井太一 × RYOHU - Single

ゲリラ × 向井太一 × RYOHU - Single

  • あっこゴリラ
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 

あっこゴリラだけでなく、"okadada"と"Ryofu"といった二人の大物トラックメーカーが加わったとても豪華な2パターンがあります。

 

SpotyfyのCMにも起用されていました。

#今のサントラ 年末年始の実家編30秒 - YouTube

YonYon×向井太一

Period(過程) - Single

Period(過程) - Single

  • YonYon & 向井太一
  • R&B/ソウル
  • ¥250

 

向井太一とコラボしているのは"YonYon"というアーティスト。

ソウル生まれ東京育ちでトラックメーカーを含め、色々なことができてしまうマルチな才能の持ち主。

 

あっこゴリラとのコラボ曲は"ヒップホップ"でしたがYonYonとのコラボ曲は、グルーブ感のある王道R&Bといった感じでした。

SALU×向井太一

Blue

Blue

  • 向井太一
  • R&B/ソウル
  • ¥1800

 

こたちらのアルバムに収録されている"空”という曲では、SALUというラッパーとコラボをしています。ラッパーとのコラボ曲ですが、歌詞におけるメッセージ性が分かりやすくて、とても聴きやすい一曲でした。

Joyce Wrice×向井太一

Play

Play

  • 向井太一
  • R&B/ソウル

 

こちらのEPに入っている"朝が来るまで"という曲は、"Joyce Wrice"という方とのコラボ曲です。初めは海外の方かなと思っていたのですが、それにしては日本語の歌詞を歌うの上手すぎだなと思っていたのですが、どうやら日本人とアメリカ人の両親を持っているようです。どちらもR&Bシンガーでありますがメロディに浮遊感があり、オルタナティブな要素を強く感じました。

コラボ曲以外もかっこいい曲ばかり

今回はあくまでコラボ曲を中心に紹介してみましたが、それ以外の曲もかっこいいものばかりです。これから"どういったジャンルの音楽"をやっていくのか、"誰とコラボするのか"など気になるところはたくさんあります。気になった方はぜひ聴いてみてください。