サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

バンド名が素敵なバンド「羊文学」とは? 2nd EP「オレンジチョコレートハウスまでの道のり」が楽しみすぎる。

このバンド気になるな!ってなるきっかけっていろいろありますよね。

 

アルバムアートがおしゃれだとか、メンバーがかわいいだとか。

 

ちなみに今回紹介するバンドはバンド名が気になるってところから興味を持ちました。

めずらしいパターン。

羊文学というバンド

twitter.com

 

バンド名をひらがなにするとなんだかかわいい。

 

ひつじぶんがく。

なんだか村上春樹の小説に出てきそう。

 

メンバーは3人

塩塚モエカ(ギター、ボーカル)

福田ひろ(ドラム)

ゆりか(ベース)

 

女子2人に男子1人っていう構成はけっこう珍しいですよね。

他にいるかなって考えてみたけど、思いつきませんでした。

 

f:id:yasaitarou:20171014194942j:plain

 

フジロックROOKIE A GO-GOという新人企画にも出演していたみたいで、そこから

人気が広まったみたいですね。

 

 多くの音楽から影響をうけた重厚なバンドサウンドと、意思のある歌声が特徴的なオルタナティヴロックバンド。

Biography - 羊文学 official web

 

一つ前の記事で紹介した


yasaitarou.hatenablog.com

 

このバンドもオルタナティブロックというジャンルに分類されているようです。

オルタナティブロックバンドっていったい...

オルタナティヴ(Alternative)とは、「もうひとつの選択、代わりとなる、異質な、型にはまらない」という意味の英語の形容詞。

現在の商業的な音楽や流行音楽とは一線を引き、時代の流れに捕われない普遍的なものを追い求める精神や、前衛的でアンダーグラウンドな精神を持つ音楽シーンのことである。

オルタナティヴ・ロック - Wikipedia

 

こういうジャンル分けがたくさんありすぎて分けわからなくなります、ほんとに。

 

オルタナティブロック=流行りの音楽ではなくてかっこいいもの

 

これぐらいゆるい解釈の方がいいのかもしれません。

ここらへんもオルタナティブロックらしいです。

羊文学ってどんな曲を歌うの??

限定発売されたCDを除くと今のところ一枚しかまだEPを発売していません。

それがこちら。

 

Amazon.co.jpより

トンネルを抜けたら

トンネルを抜けたら

 

 

収録曲

1.雨

2.春

3.うねり

4.踊らない

5.Blue.2

6.Step

 

このEPには6曲収録されているのですが、その中でも「春」という曲が個人的にはお気に入りでした。

 

ボーカルの力強い声がかっこいいのはもちろんなんですが、歌詞の世界観のようなものが非常に良いです。

 

この曲は春を言い訳にしている曲なんですけど、夏を言い訳にするバンドもあるなって思いました。

関連記事:つらいときに程よ~く励ましてくれるクリープハイプのおすすめ曲 - サブカル野菜

 

そういえば、クリープハイプもジャンル的にはオルタナティブロックっぽいですよね。

オルタナティブロックは何かのせいにしがち疑惑が浮上しました。

 

話を戻すと、

羊文学の曲を聴いていて思ったのはきのこ帝国っぽいに少し似ているなと思いました。

声といい、メロディも似てるかなと。

 

「うねり」という曲が入っているんですけど、その曲が特にきのこ帝国に似ているかなと思いました。

 

またStepという曲のMVを制作したのは、岩井俊二監督だということにも注目です。

ぼくは「リップヴァンウィンクルの花嫁」という映画で彼を知りました。

羊文学 "Step"(Official Music Video) - YouTube

2nd EP「オレンジチョコレートハウスまでの道のり」

 Amazon.co.jpより

オレンジチョコレートハウスまでの道のり

オレンジチョコレートハウスまでの道のり

 

 

新EPの発売が2月7日に決まりました。

 

「オレンジチョコレートハウスまでの道のり」というタイトルがいまいちピンと来ないんですけど、どういう意味が込められているのか気になります。

 

そして、このEPに収録されている「マフラー」という曲はもう先行配信されているので聴くことができます。

羊文学 "マフラー"(Official Music Video) - YouTube

 

これまた幻想的でとてもいい感じのMVでした。

曲だけでも楽しめますが、MVとして観た方が羊文学の世界観みたいなものが良く分かるかなと思います。

まとめ

羊文学、これからの活動がとても楽しみです。

 

声とかメロディとか羊文学というバンド名とかそれらを全部含めての世界観がとてもよいバンドだなでめっちゃハマってしまいました。

 

 

気になった方はぜひ聴いてみてください。

 

yasaitarou.hatenablog.com

 

yasaitarou.hatenablog.com

 

女性ボーカルのオルタナティブはこちらもおすすめなのでよかったら。