サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

ネオソウルって知ってる??ぜひ聴いてほしいアーティスト5選

f:id:yasaitarou:20180329073727j:plain

こんにちは。

 

今回はおすすめのネオソウルを紹介しようと思います。

 

正直なところかなり含みのあるジャンルであると思うので「それは違うだろう!」っていうのもあるかもしれませんが、そこは多めに見てくれると嬉しいです。

 

最近よく聴いているものの中から聴きやすそうなものを選んで見ました。

 

ネオソウルとは...

ネオ・ソウル(neo soul)はコンテンポラリーR&Bのサブ・ジャンルの一種。

1970年代の流行性のソウル・ミュージック(ニュー・ソウル)にジャズ、ファンク、ヒップ・ホップ、ハウスの要素が加わり、発展した音楽のジャンルである。

様々な音楽とクロスオーヴァーしていることから、明確な定義がもてない音楽用語でもある。

ネオ・ソウル - Wikipedia

 

こればっかりはしょうがないですよね。

 

どこまでがソウルミュージックなのかという区別を付けるのも難しいですが、ソウルミュージックに少しだけ何か他のジャンルの要素を組み合わせたものをネオソウルと呼ぶみたいです。

 

他にもネオ・シティポップとかフューチャー・ソウルとかオルタナティブロックとか

含みのあるジャンルは色々あります。

ネオソウルアーティスト5選

f:id:yasaitarou:20180201083702p:plain

なんとなくでも「これがネオソウルか...」と感じていただければ幸いです。

ネオソウルで調べるとD'Angeloが良く紹介されているのであえてそれは避けることにしました。

 

聴きやすそうなネオソウルというのを意識して選んでみました。

Benny Sings

ベニーシングスはオランダ出身のアーティストとなっています。

 

ソウルに加えてポップの要素が強くそしてそれがうまく合わさっていて、爽やかで聴きやすい曲が多いです。

 

日本のバンドであるceroとのコラボ曲が出ていたり、その他にもスキマスイッチと共演したりと日本にもゆかりのあるアーティストみたいです。

 

ceroとのコラボ曲も捨てがたいですが、ベニーシングスの曲の中でも一番のおすすめこちらアルバムに収録されている"Little Donna"って曲。

Vulfpeck

他の記事でも紹介したことがありますが、vulfpeckめちゃくちゃオススメです。

サチモスのヨンスがおすすめしていたのがきっかけでこのバンドを知りました。

 

彼らはアメリカ出身の4人組のバンド。

 メンバー一人一人の演奏力がすごいというのがこのバンドの特徴。

Mr Finish Line

Mr Finish Line

  • Vulfpeck
  • ファンク
  • ¥2000

 

こちらのアルバムに収録されている"Tee Time"なんか特にその凄さを分かってもらえると思います。軽快なキーボードとドラムのマッチが非常にかっこいい曲です。

 

Vulfpeckの曲もポップ要素が強いものが多いですね。

Mike Champion

このアーティストはわりと最近知りました。

Mike Championオーストラリア出身のシンガーソングライターです。

 

 先ほど紹介した2つのアーティストと比べるとしっとり感のある曲が多いです。ソウルフルに伸びる歌声にも注意ですね。

Experience

Experience

  • Mike Champion
  • R&B/ソウル
  • ¥1650

 

ドライブしながら聴きたい一曲。

Kejam

ケジャムはイギリスの音楽プロデューサーです。

たまたまですが、ここまで紹介してきたアーティストそれぞれの出身がみんなバラバラだということに気づきました。

 

ミドルテンポな曲調のいかにもソウルという感じの曲が多いです。ネオソウルっていうよりもソウル寄りです。でもまぁとてもかっこいい曲ばかりなのでよしとしておきます。

Majek

Majek

  • Kejam
  • R&B/ソウル
  • ¥1500

 

クール&ザ・ギャング

なぜかApple Musicのネオソウルのという名前のプレイリストに入っていたので選んでみました。彼らは言わずと知れたアメリカのR&B、ソウルバンドです。

 

celebrationという曲は多くの人が聴いたことあると思います。ちなみにプレイリストに入っていたのは"Summer Madnes"という曲。

Gold

Gold

  • クール&ザ・ギャング
  • R&B/ソウル
  • ¥2600

 

確かにこの曲はインストゥルメンタルということもありますが、THE R&B、ソウルという感じの曲ではないと思います。

 

なのでネオソウルという括りなのもあながち間違っていないように思えます。

ネオソウルは奥が深い

ネオソウルのアーティストはいかがだったでしょうか?とりあえずソウルのエッセンスを持っているかっこいいアーティストを自分の好みを中心に紹介してみました。

 

少しでもソウル、いやネオソウルを感じていただければ嬉しいです。

 

同じアーティストが作る曲の中でもソウル系のものもあれば、少しアレンジが加えられているネオソウル風な曲があったりと一概に「このアーティストはネオソウルをやっている」という風に決めることはできないなと思いました。

 

気になった方はぜひ聴いてみてください。