サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

JimmyCase(ジミーケース)LA生まれのシンプル&洗練されたiphoneケース

f:id:yasaitarou:20180306070916j:plain

こんにちは。

 

今回初の試み。

自分が使っていていいなと思ったものを紹介しようと思います。

ネタ切れ感が否めませんが、少しそういうのにも手を出していこうかなと。

 

今回紹介するのはiphoneケース。

みなさんはiphoneケースを選ぶ際にどういったことに重きを置くでしょうか。

 

僕はデザインはもちろんですが、やはり機能性というのも大事にしたいという少し欲張りなタイプであります。

 

そんな少し欲張りなニーズに応えてくれるスマホケースがこちらのjimmycase(ジミーケース) となっています。

 

www.beams.co.jp

JimmyCaseの良いところは随所に見られる

f:id:yasaitarou:20180404174415j:plain

iphoneを買って初めてのケースは、透明なものでした。理由としては、iphoneそのもののかっこいいデザインを損ないたくないというものでした。しかし、しばらく時間が経つと、手垢が付いたり、そもそものところ飽きが来てしまいました。

 

そんな理由もあって、色々探していたら出会ったのがJimmyCase

 

JimmyCaseが生まれたのはアメリカ、ロサンゼルス。自分はどうしてもMade in USAに惹かれる傾向があります。

 

L.A.生まれということもあり、お値段は少々お高めで、5000〜6000円くらい。

ケースとかにあまりこだわらない人は手を出さないであろう値段であるし、どちらかというと自分もそっち側の人間であったので、正直なところ買うかどうかかなり迷いました。

 

このケースの一番の特徴として挙げられるのは、背面にバンドが付いているというところです。そのバンドには、カードだけでなく鍵やお金までも挟めてしまうという優れもの。

 

他にもこだわりはあって、背面に使われているのマホガニーという素材。後々分かったことですが、使えば使うほど、経年変化により木の色味なども変化してきて、とても愛着が湧いています。

 

そもそも、このJimmyCaseは携帯と財布を一緒にしちゃいたいという製作者であるダン・スミスさんのシンプルな考えから生まれたものです。この気持ちは自分もすごい分かります。

 

確かに、手帳型のケースなどはある程度の収納スペースがあったりしますが、手帳を開く手間がかかったり、スタイリッシュでないなと思っていました。後ろにバンドを付けただけという、シンプルな作りでありますが、それと同時にダン・スミスさんのこだわりが随所から感じられます。

 

デザインもさながら、バンパー部分が少し出っ張っていて、しっかりとiphoneを守ってくれるというところも非常にありがたい。

購入する前に気になっていた点として

f:id:yasaitarou:20171014194942j:plain

自分が買う前に気になっていたのは、背面に付いているバンドが伸びないかという点です。今現在、JimmyCaseを使い始めて一年ほど経ちますが、そこまで伸びは感じられていません。買った当初と比べてしまうとそれは若干伸びているかもしれませんが。

 

普段は、カードを1枚か2枚背面のバンドに収納しています。初めはこんなところで本当に落ちないのかと心配でしたが、日が経つにつれてJimmyCaseへの信頼感が強まっていき、そんな心配を薄れていきました。

 

心配な人は適当なカードを入れておくのもいいかもしれません。

携帯とお財布を一緒にしちゃいたいというダン・スミスさんの考えから離れてしまいますが、カード全体がすっぽりと隠れてしまうので、とりあえず何か入れておけばデザイン的にはそれでも素敵です。

 

詳しくは分かりませんが、バンドは特殊仕様であるようです。このページに簡単な仕様が書かれています。

About jimmyCASE - jimmyCASEJapan

これからもjimmycaseにはお世話になりそうです

他にもバンドのカラーバリエーションが様々だったりと、良いところがいっぱいのJimmyCase、気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

自分は最近発売したばかりのオールブラックというNewカラーに買い替えようかと迷っています。

詳しくはホームページも一緒にご覧になってください。