サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

"ain't on the map yet" を中心に安定の良さ。Nulbarich 新アルバム「H.O.T」

f:id:yasaitarou:20180306070916j:plain

前回のEP「Long Long time ago」発売されてから3ヶ月と"遠い昔"というほど、時間は経っていないのに関わらず新アルバムが発売ということで聴いている側としては嬉しい限り。

 

ボーカルのJQが最近、雑誌に出ていたりと、表だった活躍が見られつつあるというところも中々アツい。

 

In Your PocketのMVではぼんやりとしか見えなかったのですが、今回の新曲Almost Thereではがっつり見えちゃっています。

 

そんなことも参考にしつつ、今回は以前のEPに収録されていない新曲について思った感想なんかを書いていこうかなと思います。

待望のアルバム「H.O.T」

 Amazon.co.jpより

H.O.T(通常盤)

H.O.T(通常盤)

 

 

ライブを意識した、インストの曲も何曲か収録されています。

どれも幻想的なものでこういうところのこだわりも「さすがNulbarich」と思わざる負えないですね。

ain't on the map yet

初めて聴いた時の印象は「Nulbarichっぽいな」という感想しか持たなかったんですが、聴けば聴くほど良いなと思わされる一曲でした。

 

日本語と英語の違和感のない組み合わせにはいつも驚かされますが、この曲を含め今回のアルバムでもそれは健在。

 

MVのストーリーもとても素敵で見応えがあるのでオススメです。

Nulbarich – ain't on the map yet (Official Music Video) - YouTube

Almost There 

今までのnulbarichではあまり聴くことのなかった雰囲気の曲。

 

あとMVが結構変わっているんですよね。

そして、それを手掛けたのが日本の方であるのというのにも驚きました。

 

ハイブランドの広告とかでよく見るような外国のモデルさんが登場したりするので、よく分からないけど、オシャレだなというそういう見方しかできませんでした。

Nulbarich – Almost There (Official Music Video) [Radio Edit] - YouTube

Zero Gravity

ファンクな曲調で、ギターとベースラインがとにかくかっこいい。

個人的には今回のアルバムで一番気に入ったのがこちらの曲です。

 

It's Who We Areが好きな人は多分、いいなと思える曲だと思います。"渋み"がZero gravityの方が強いです、"渋み"が。

Handcuffed 

ゆったりとした都会感のあるメロディが特徴的な一曲。

ドライブにしながら聴くのにぴったりなんじゃないかなとか思ったり。

Supernova

ありそうだけど実はなかった"jazzy"な雰囲気が強めの一曲。

鍵盤の綺麗な音がそう感じさせる一つの要因かなと。

Heart Like You Pool

アルバムの一番最後に収録されているこの曲からはなんとなく新しいNulbarichの始まりのようなものが感じられました。

 

レーベルを新たにして初のアルバムが今回のH.O.Tでしたが、相変わらず素敵な曲ばかりでした。

これからのNulbarich の活躍が一層楽しみになる"H.O.T"なアルバム。

 

気になった方は是非聴いてみてください。

 

yasaitarou.hatenablog.com