サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

なんとなくエモさを感じたいとき聴いてほしい BUMP OF CHICKEN の曲を紹介してみた。

f:id:yasaitarou:20171014194942j:plain

 

なんとなく今日はエモい曲をすごい聴きたい気分なので、ぼくの中のベスト・エモ・バンドであるBUMP  OF CHICKENを紹介しようと思います。

 

ただの紹介するだけではつまらないのでエモい曲のみを選ぼうと思います。

 

BUMP OF CHICKENのエモさを振り返ってみる。

確かぼくがバンプにハマったのは中学生の頃でした。

 

給食の時に天体観測が流れていて、たぶんそれがきっかけだったと思います。

当時、AKBが流行り始めていたので、そういう曲ばっかり流れていた中、バンプが流れてきて、なんだこれ!ってなったのを覚えています。

Stage Of The Ground

jupiter

jupiter

 

 

それで家に帰ってすぐにTSUTAYAに行ってレンタルしたのが、天体観測も収録されている、こちらのアルバムです。

 

当時は天体観測が一番好きでしたが、今このアルバムの曲で何が一番好きかと聞かれたら、一曲目のStage Of The Groundって答えます。

 

この曲はとにかく励ましてくれます。

でもただ励ましてくれるのではなくて、

 

おまえはちっぽけな存在だけど、やれるんだぞ

みたいな歌詞がとても好きです。

 

センター試験の直前とかもめっちゃ聴いていたなぁ。

 

エモ度 ★★★☆☆

ホリデイ

スノースマイル

スノースマイル

 

 

1.スノースマイル

2.ホリデイ

という2曲の構成です。

 

2曲目のホリデイがめっちゃいい曲です。

 

3日に1回ぐらいの頻度では聴いていると思う。

メロディがバラードなのと歌詞が相まって絶妙なエモさを出してくれる一曲です。

 

何か失敗をした時に聴きたくなる曲であることは確かなんですけど、この曲を聴いて泣きたくなるというよりは、

なんかもうとりあえず今日は寝ようみたいな気持ちになります。

 

エモ度 ★★★★☆

 

歩く幽霊

友達の唄

友達の唄

 

 

1.友達の唄

2.歩く幽霊

 

1曲目の友達の唄はドラえもんの映画の主題歌にもなっていました。

しかし、ぼくが紹介したいのは2曲目の歩く幽霊という曲です。

 

カップリング曲とは思えない、アップテンポな曲です。

もちろんテンポが良いっていうのも好きな理由の一つなんですけど、

歌詞のぼんやりした感じがとても気にっています。

 

歌詞だけでいうとなんとなくスピッツっぽさがあるなぁと思いました。

 

エモ度 ★★★★☆

 

プラネタリウム

プラネタリウム

プラネタリウム

 

 

歌詞は藤原が少年時代に「夏休みの工作」で手作りのプラネタリウムを作った経験が元になっており、藤原曰く10年以上経った作詞当時も作り方を覚えていたという。

プラネタリウム (BUMP OF CHICKENの曲) - Wikipedia

 

こんなエピソードがあったなんて知りませんでした。

 

まず夏休みの工作でプラネタリウム作っちゃうあたりが流石ですよね。ぼくは紙粘土でよく分からないものを作った記憶しかありません。

 

お家でやるプラネタリウムだと、届くはずのない星に手が届いてしまう

みたいなロマンティックな曲です。

 

エモ度 ★★★★☆

 

さいごに

今回はエモさにこだわって選曲してみました。

 

なんとなくエモ度 ★★★★★ を出してしまうとつまらないなと思ったので、★4で止めましたが、実質★5のようなものです。

 

なんとなく疲れたなって時には、ぜひ聴いてみてください。