サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

大物とコラボしすぎ!? DAOKOのおすすめ曲とアルバムを紹介してみました。

こんにちは。

 

最近、話題沸騰中のDAOKOというアーティストを紹介しようと思います。

 

以前から名前は聞いていたんですが、あまり気に留めていませんでした。

 

しかし今回新発売したアルバム「THANK YOU BLUE」を聴いて、とてもハマってしまったのでおすすめ曲など紹介していこうと思います。

 

 

f:id:yasaitarou:20170909020336p:plain


 

DAOKOとは

DAOKOはひらがな読みでだをこと読むそうです。

 

そんなDAOKOは中学生の頃から音楽活動をしていたそうです。

また、高校を卒業してすぐにメジャーデビューをしたという強者でもあります。

DAOKO - Wikipedia

 

DAOKOという名前をよく耳にするようになったのは「打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか?」という映画がきっかけだったように思えます。

 

Amazon.co.jpより

打上花火

打上花火

 

 

他にも

 

  • tofubeatsの水星のカバー
  • 岡村靖幸とのコラボ曲でMステ出演
  • 女王蜂とのコラボ
  • グラミー賞の授賞経験などがあるアメリカ出身のミュージシャンベックとのコラボ。

 

などなど、デビューしてあまり時間が経っていないのに関わらず数多くの大物とコラボしています。

 

そんなDAOKOのおすすめ曲・アルバムを紹介していきます。

 

DAOKOのおすすめ曲とアルバム紹介

メジャーデビューをした後にDAOKOはアルバムを2枚発売しています。

 

始めに紹介する「THANK YOU BLUE」というアルバムと「DAOKO」というアルバムの2枚になっています。

 

THANK YOU BLUE

米津玄師とのコラボ曲である「打上花火」岡村靖幸とのコラボ曲「ステップアップLOVEなどが収録されているアルバムとなっています。

 

 Amazon.co.jpより

THANK YOU BLUE (通常盤)

THANK YOU BLUE (通常盤)

 

 

収録されている曲はこちらです。

 

 

1.打上花火

2.ステップアップLOVE

3.Juiscy

4.さみしいかみさま

5.ShibuyaK

6.BANG!

7.ダイスキ with TeddyLoid

8.拝啓グッバイさようなら

9.同じ夜

10.GRY

11.もしも僕らがGAMEの主役で

12.ゆめみてたのあたし

13.Cinderlla step

14.ワンルーム・シーサイド・ステップ

 

DAOKO「THANK YOU BLUE」をApple Musicで

 

ステップアップLOVE

ワンルーム・シーサイド・ステップ

今回発売されたアルバムの中で一番を選ぶとしたらこちらの曲です。

 

歌詞だけ見ると重い女子を匂わせるようなものなのですが、韻を踏んでいる?というか歌詞のリズムがとっても良いです。

 

メロディなどを含めても特に派手さはありませんが、そういうさっぱりとしたポップを聴きたい方にはおすすめです。

 

同じ夜

この曲のメロディの浮遊感というかオルタナティブな感じがかっこいいなと思っていたらそれもそのはず、D.A.N.が曲の制作を協力しているようです。

 

DAOKO

2015年にDAOKOが高校を卒業してから発売されたメジャーデビューアルバムとなっています。

 

 Amazon.co.jpより

DAOKO(通常盤)

DAOKO(通常盤)

 

 

収録されている曲はこちらです。

 

1.水星

2.かけてあげる

3.一番星

4.ゆめうつつ

5.流星都市

6.ぼく

7.きみ

8.嫌

9.ミュージック

10.JK

11.ないものねだり

12.高い壁には幾千のドア

 

DAOKO「DAOKO」をApple Musicで

 

水星

先ほども紹介したtofubeatsの水星のカバー曲です。

 

気になった方は是非聴き比べてみてほしいです。

 

基本的なメロディは原曲と近いのですが、ボーカルの声が違うだけでこんなに差が出るのかってぐらいtofubeatsのものと雰囲気が違います。

 

ないものねだり

DAOKOの独自の世界観を味わいたい方におすすめしたい一曲です。

歌詞のリズムが聴いていてとても心地よい。

 

UP ALL NIGHT×DAOKO

グラミー賞を受賞した超大物アーティストだというにも関わらずベックという人を今まで知らず、今回のDAOKOとのコラボでようやく知りました。

 

前半のボーカルがベックで後半部分からDAOKOが登場し始めます。

 

ポップよりのロックな雰囲気の曲でとても聴きやすい一曲になっているとなという印象を受けました。

 

金星

女王蜂とのコラボは想像がつかなかったですね。

 

サビ前のDAOKOとの掛け合いみたいになっているところが非常にかっこいいです。

女王蜂と同様にDAOKOも声が高かったからこそ実現できたコラボと言えるでしょう。

 

ポップ色全開の一曲となっています。

 

まとめ

DAOKOはいかがだったでしょうか。

 

日本に限らず、世界の大物アーティストともコラボしているDAOKOですが、まだ年齢は20ととても若いです。

 

もう今後の活躍に期待しかありません。

 

DAOKOの曲はどれも少しミステリアス要素のあるポップソングが多い印象でした。

 

気になった方はぜひ聴いてみてください、Apple Musicで全て聴くことができます。