サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

「少しでいいから殴らせて」DADARAYの新曲の雰囲気が好き過ぎたので紹介します。

DADARAYの新曲を聴いて衝撃を受けました。

 曲名は「少しでいいから殴らせて」です。

 

f:id:yasaitarou:20171006152150j:plain

 

むしろこの新曲を聴いてDADARAYを知ったと言っても過言ではありません。

 

休日課長が参加しているバンドが出来たというのはもちろん知っていましたが、あまり気に留めてはいませんでした。

しかし、聴いてみたらすごいバンドでした...

 

ちなみに作詞作曲は川谷絵音です。

川谷絵音の独特な歌詞を味わえるバンドがまた一つ増えました。

 

彼はどれだけバンドを掛け持ちすれば気が済むんだという感じですね。

 

川谷絵音が所属しているバンドは、

yasaitarou.hatenablog.com

  • ジェニーハイ

ちなみにジェニーハイというのはBAZOOKA!!!という番組で結成されたバンドで、

 

お笑い芸人の小藪さん

野性爆弾のくっきー

tricotの中嶋イッキュウ

ゴーストライターで世間を賑わせた新垣隆さん

とある意味かなりの豪華(?)なバンドです。

 

それに加えて、DADARAYの作詞作曲、また他にも楽曲提供をしていたはずです。

SMAPとかにも提供していたような気がします。

 

このように並べてみるとかなり色々手を出しているのが分かります。

 

こんなに色々な活動をしていていつ女の子と遊んでるんだろうとぼくは疑問に思いましたね。

 

あんなに報道されていたのに。

でもそれが元となって魅力的な歌詞をかけているのかもしれません。

 

話をもどすと今回の記事では、DADARAYの新曲である「少しでいいから殴らせて」てがかっこいいという事と、他のDADARAYのおすすめ曲も紹介しようと思っています。

 

 

DADARAYのメンバー紹介

  • REIS(ボーカル、キーボード)
  • えつこ(サブボーカル、キーボード)
  • 休日課長(ベース)

 

この三人がメインメンバーで時々、サポートメンバーとしてindigo la end長田カーティス、佐藤栄太郎が参加しているようです。

 

ほぼ川谷傘下で構成されているので、好きな人にはたまらないバンドかもしれないです。

 

「少しでいいから殴らせて」と他のおすすめ曲

わりとシリアスな曲が多めのバンドですが、今回の新曲では少しいつもとは変わったものにしたようです。

少しでいいから殴らせて

itunes.apple.comより

DADARAY「少しでいいから殴らせて」 - YouTube

 

女性陣の2人が声の雰囲気は違いますが、どちらもとてもいい声してるなと思いました。

 

曲調としては課長の渋いベースも健全ですが、明るすぎない雰囲気を保ちながらも、テンポのよいポップソングという印象を受けました。

うまく言えないですが、サビ前の絶妙な盛り上がりにとてもハマりました。

 

これは全部の曲に言える事ですが、メインボーカルであるReisさんの声が少し、aikoに似ているなと思いました。

 

 

場末

 

場末という曲名通りどこかせつなげな雰囲気がある一曲です。本来はこういう曲を持ち味としているんですね。

 

暗めの曲名なのですが、サビの部分は何か優しい感じがあるというのが個人的におすすめなポイントです。

 

東京Σ

itunes.apple.comより

 

ちょっとゲスっぽさがあるなぁっていう一曲です。

特に後半らへんのキーボードがメインのところとかすごいゲスっぽいです。

 

ゲスっぽいですけど、ずっと女性ボーカルなのでゲスを聴いたことあるよって人でもまた違った新鮮さが味わえると思います。

 

まとめ

いががだったでしょうか?

新曲の少しでいいから殴らせてを聴いてこれは...と思い一気に記事を書きました。

 

前から聴いているファンはいつもと違う曲調をどう受け止めたのかも気になります。

 

少しでいいから殴らせても収録されいてる新アルバムのDADASTATIONの発売がめちゃくちゃ楽しみになりました。

 

発売前に聴きこんでおきましょう、気になった方はぜひ。