サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

力強く色っぽい声が魅力的。カミラ・カベロのファーストフルアルバム「Camila」

こんにちは。

今回は新アルバム「Camila」を発売したカミラ・カベロについて紹介していこうと思います。

 

さまざまな大物とコラボしていたりと、最近になり急に名前を耳にする事が多くなったように思えます。

 

以前にもこちらの記事でカミラ・カベロを少し紹介したのでもし良かったら。

参考記事:Netflixオリジナル映画 BRIGHT(ブライト)のサントラ おすすめ曲紹介。 - サブカル野菜

 

カミラ・カベロってとても覚えにくい名前ですよね。

 

そんな彼女はアメリカ出身のシンガーソングライターです。

驚くのは年齢です。パッと見た感じはかなり大人な印象がありますが、年齢はなんと20歳です。

 

以前はフィフス・ハーモニーというガールズグループに所属していましたが、2016年に脱退。

そして2017年にソロとして活動を始め、こちらの曲をリリースしたようです。

 

Crying in the Club
カミラ・カベロ
価格: 250円

posted with sticky on 2018.1.16

 

フィフス・ハーモニー時代の曲がどういう雰囲気のものかは知りませんが、力強くその上色っぽくてめちゃくちゃかっこいいです。

 

他にも

  • J・バラディン
  • ピットブル
  • Machine Gun Kelly
  • ショーン・メンデス
  • Grey

 

などの大物たちとのコラボ曲も多くあり、彼女の人気が伺えます。

ミドルテンポのいい感じの曲が多数収録「Camila」

 

今回のアルバム「Camila」はカミラ・カベロがソロ活動を始めてから初のフルアルバムとなっています。

 

収録曲はこちら。

 

1.Never Be the Same

2.All These Years

3.She loves Control

4.Havana

5.Inside Out

6.Consequences 

7.Real Friends

8.Something's Gotta Give

9.In the Dark

10.Into It

11.Never Be the Same(Radio Edit)

 

カミラ・カベロ「Camila」をApple Musicで

 

 

今回のアルバムでは主にミドルテンポの曲が多く収録されているなという印象を受けました。

 

中でもおすすめは、4曲目のHavanaという曲です。

 

こちらの曲はヤング・サグというラッパーとのコラボ曲になっています。

独特なメロディとリズムなので一回聴いてしまうと何となく頭の中に残ってしまうようなそんな不思議な一曲でした。

 

まとめ

2017年から本格的に活動を始めたので、まだ曲数は少ないですが、どの曲もかっこいいものばかりです。

 

カミラ・カベロは年齢的にもまだ若いのでこれからの活躍がとても楽しみなアーティストだと思います。

 

気になった方はぜひ聴いてみてください。