サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

90年代のイギリスにおけるアシッド・ジャズブームの先駆け。Brand New Heavies(ブラン・ニュー・へヴィーズ)を紹介してみた。

以前、ブラック・ミュージックを聴くならまずはこれをということで、

 

yasaitarou.hatenablog.com

 

EWFをこちらの記事で紹介しました。

 

今回紹介しようとしているバンドと曲調はなんとなく似ていますが、イギリスで結成されたという点は、EWFとは異なっています。

 

アメリカとイギリスの同時期にクラブシーンを盛り上げたバンドではありますが、そこには若干の違いが見られるのではないでしょうか?

 

 

f:id:yasaitarou:20170927115132j:plain

ブラン・ニュー・へヴィーズ

ブラン・ニュー・へヴィーズが結成されたのは80年代で、この時期は若干EWFと被っていますね。

なので影響を受けているというのは少なからずあるような気がします。

そしてイギリスの80年代から90年代に流行っていたバンドは何なのかと言うと

 

yasaitarou.hatenablog.com

 

そう、アシッド・ジャズといったらジャミロクワイ

ジャミロクワイの音楽もEWFなどから影響を受けていると考えることができますが、ジャミロクワイの場合はジャズ要素が強めな気がします。

 

同時期のアメリカのクラブシーンももちろんすごかったんでしょうけど、イギリス負けてないぞ!というのを分かっていただければ嬉しいです。

 

Brand New Heavies

Brand New Heavies

 

 

後ほど詳しいおすすめ曲は紹介しますが、このアルバムでブラン・ニュー・へヴィーズはアシッド・ジャズ界で賞賛を浴びる事になりました。

 

日本での公演もわりと活発に行っているみたいです。

来年こそは行ってみたいなぁ。

 

あとは、アーティスト問わずとりあえずBLUE NOTEに行ってみたいという気持ちが強いです。

最近知ったのですが学生はなんと料金が半額になります。(全ての公演ではないと書かれていた)

 

 なので学生の内にBLUE NOTEに行きまくろうと決めました。

しかし一人で行くのにビビっているのが現状です。

 

ブラン・ニュー・へヴィーズのおすすめ曲

You Are the Universe

You Are the Universe

You Are the Universe

  • provided courtesy of iTunes

 

サビに向けての盛り上がり方が本当にいい感じの一曲です。

ブラン・ニュー・へヴィーズといったらこれのイメージがあります。

 

Never Stop

Never Stop

Never Stop

  • provided courtesy of iTunes

 

 先程、紹介したBrand New Heaviesというアルバムに入っている曲です。

サングラスが似合う男になりたいし、サングラス掛けてドライブしながら聴きたい一曲。

Dream on Dreamer

Dream On Dreamer

Dream On Dreamer

  • provided courtesy of iTunes

 

 途中に挟まれるギターとベースの掛け合いがほんとにかっこいいと思っている。

 

 Sweet Freeek

Sweet Freeek

Sweet Freeek

  • provided courtesy of iTunes

 比較的新しいアルバムに入っている一曲です。

曲名がsweet freeekってところも好きなところの一つです。

まとめ

ブラン・ニュー・へヴィーズと同時期に流行ったアシッド・ジャズの有名なバンドはまだ他にもあるのでいつか紹介したいな思っています。

 

yasaitarou.hatenablog.com

 

日本のアシッド・ジャズも最高です。

ぜひ聴いてみてください!