サブカル野菜

気になる音楽、映画、本について。

Maroon5とChromeoを足して二で割った感じ Youth Club「The Man That I AM」

こんにちは。

 

たまにもっと注目を浴びていてもいいはずなのにって思うアーティストを見かけませんか。

 

そもそもそんなことを勝手に思われること自体、そのアーティストにとっては甚だ迷惑な事なのかもしれないですが、それでも思ってしまうことがあります。

 

f:id:yasaitarou:20171014194942j:plain

Youth Clubっていうバンド

今回はYouth Clubというイギリスのバンドを紹介しようと思っているのですが、YOUTUBEのMVを見る感じ、そこまで再生されていない。(ここでいうそこまでって言うのは10万再生前後)

 

他にも、Googleで「Youth Club バンド」と検索を掛けてみるも出てくるのはTwitterぐらい。

 

twitter.com

 

なんでだろう。

Youth Club めちゃくちゃかっこいいですよ。

とりあえず一曲聴いてみてください。

 

 Amazon.co.jpより

Misunderstood

Misunderstood

 

 

Youth Club - Misunderstood - YouTube

 

こんなにおすすめしていますが自分自身、このバンドを知ったのは新曲である「The Man That I Am」を聴いたのがきっかけでした。

 

 Amazon.co.jpより

The Man That I Am

The Man That I Am

 

 

こちらの2曲を聴いてまず思ったのはMaroon5 に雰囲気が近いなというところですね。

 

もっと言うと、ぼくがMaroon5 で一番好きな曲は「Makes Me Wonder」なんですけど、それに近い雰囲気がぼくは好きなのかなと。

 

Maroon5とChromeoを足して二で割ったような感じの曲が多く、Maroon5よりもダンスミュージックな要素が少し強いかなというのを個人的には思いました。

 

yasaitarou.hatenablog.com

 

Youth Club - Breathe - YouTube

 

Maroon5っぽい雰囲気の曲だけかと思いきや、こういうアップテンポの日本の邦楽シーンで流れていそうな曲もあったり。

 

Youth Clubの曲は独特な路線で攻めているというよりは、どちらかと言うと誰が聴いても楽しめる曲が多いんですよね。

 

だからこそ多くの人に聴かれてもおかしくないバンドなのになーと思いました。

 

気になった方はぜひ聴いてみてください、めちゃくちゃおすすめです。

EP「Tomorrow's Shore」でRIDE(ライド)デビューしました。

f:id:yasaitarou:20180201082552j:plain

こんにちは。

 

RIDE(ライド)というバンドをみなさんはご存知でしょうか。

 

恥ずかしながらつい先日までぼくはこのバンドを知りませんでした。

 

SNSなどで「RIDEが○○だった」みたいなのをよく見かけたので、色々調べていたら日本に来日していてLiveがあったらしく。

 

へぇーRIDEってどんなバンドなんだろうって興味を持ったのがきっかけで、聴き始めました。

 

本当に聴き始めたばっかりで、むしろ進行形と言っても過言ではないような。

今もこの記事を書きながらも聴いています。

 

曲を聴きこんでそれについての感想を書くといったスタイルももちろんいいですが、聴きこむ前にファースト・インプレッションを書いてみるのもまた面白いかなと思ったので、今回はそんなスタイルで書いていこうと思います。

 

聴いたことのないアーティストの音楽を聴くときって、古いものから聴いていくか、新しいものから古いほうへと遡っていくか非常に悩ましいですが、今回は新しいものから聴くことにしました。

 

その理由は、一番目立つところに表示されているというのもあるんですけど、

宇宙飛行士のジャケット写真が個人的にとてもツボでした。

何かしら宇宙がテーマになっている?

Amazon.co.jpより

Tomorrow's Shore [12 inch Analog]

Tomorrow's Shore [12 inch Analog]

 

 

収録曲はこちら。

 

  1. Pulsar
  2. Keep It Surreal
  3. Cold Water People  
  4. Catch You Dreaming

ライド「Tomorrow's Shore - EP」をApple Musicで

 

RIDE(ライド)はイギリスのバンドで、主にシューゲイザーというジャンルを得意としているようです。

 

シューゲイザーとだけ言われても想像しにくいですけど、オルタナティブ・ロックとほぼ似たようなジャンルだとか。

 

でも一曲目のPulsarを聴いていただければ、シューゲイザーだとかオルタナティブがこんな感じなのかと分かっていただけると思います。

 

ジャケット写真といい、Pulsarという曲名から伺える通り宇宙が何かしら「Tomorrow's Shore」のコンセプトになっているのかもしれません。

 

一曲一曲それぞれの感想をまとめてみると...

 

  • Pulsarで感じることのできる無重力サウンド。

 

  • Keep It Surrealは比較的聴きやすいUKロックテイスト。

 

  • Cold Water Peopleのサイケ・ポップな雰囲気。

 

  • Catch You DreamingのPulsarとは別の浮遊感。

 

こんな感じになりました。

 

ある意味今回みたいな聴き方もおもしろいなと思いました。

 

気になった方はぜひ聴いてみてください。

そしておすすめがあったら是非教えてください。